結婚内祝い贈るときの「相場・熨斗・お礼状」

結婚内祝い贈るときの「相場・熨斗・お礼状」

披露宴に招けなかった方や事情があって来ていただけなかった方に、感謝の気持ちを込めて贈るプレゼントが結婚内祝いです。

結婚内祝いを贈るときのマナー

品物の相場

お返しや内祝いを贈るとき、どのくらいの金額の品物を渡せばいいのか迷ったことはありませんか?祝い金として頂いた金額の何割くらいを渡せばよいのか、失礼のないように相場を知っておきたいと思うのは当たり前です。

結婚内祝いの相場は、頂いた金額の半額程度を目安に選ぶことが一般的です。品物で貰った場合は、大体の相場を調べてから購入するようにしましょう。

しかし、高額の祝い金を頂いたからと言って単純に半額の高級品を贈ると、かえって相手に気を遣わせてしまいます。5万円以上の金額の場合お返しは1/3程度で考えて、恐縮させずに受け取ってもらえるアイテムを選んでください。

結婚内祝いに付ける熨斗は?

結婚内祝いに使う熨斗のデザインは、金銀や紅白の水引が結ばれた「結び切り」です。結び切りは一度結んだらほどけないため、一生に一度きりのお祝い事や、病気を繰り返さないよう願いをこめて快気祝いに使います。

紅白のひもで蝶結びされている熨斗もありますが、これは結婚内祝いに使ってはいけません。何度もほどいて結びなおすことができる蝶結びは、出産などの何度でも繰り返したいお祝いごとには使いますが、繰り返すのが望ましくない祝い事には不向きです。

お礼状のマナー

品物を贈る際にはお礼状を同封するのが一般的です。便せんや封筒は縦書きのものを使い、拝啓や敬具を用いて時候の挨拶を最初に述べましょう。特に目上の人へ出すときは言葉使いに十分注意し、書籍やネット上の例文などを参考に失礼のないよう書くことが大切です。

結婚内祝いのお礼状の文面は、贈る相手と自分との関係性によって多少内容が変わってきます。しかし、基本的には祝っていただいたことへの感謝の気持ちと結婚の報告を伝えられれば大丈夫です。形式にとらわれすぎることなく、きちんと気持ちを伝えられるように書きましょう。

また、お礼状は贈り物のお知らせも兼ねて贈ることもあります。贈り物の配送に時間がかかるときなどは結婚内祝いのお礼状に贈り物のことを書きつつ、先に郵送することもあります。

内祝い・お返しの豆知識カテゴリの最新記事