毎日続けられる表情筋トレーニングで顔のたるみを撃退!

毎日続けられる表情筋トレーニングで顔のたるみを撃退!

少しずつ気になってくる顔のたるみ

普通に生活していても少しずつたるんでくる顔。さらに、パソコンを使うことが多く、ちょっと下向く姿勢の時間が多い仕事だと、余計にたるみが加速されているように感じますよね。

また、パソコンの画面ばかり見ていたら、無表情の時間も多くなりがちです。

表情筋トレーニングで顔の筋肉を鍛えよう

表情筋は目の回りの眼輪筋、口回りの口輪筋など、顔全体の筋肉のこと。笑ったり怒ったり、感情を表現する時に使用されて鍛えられますが、日常で使われる表情筋は全体の30%以下と言われており、デスクワークを長時間している方は、その比率がさらに下がります。

表情筋トレーニングでは、たとえば顔全体を縦に思い切り伸ばしたあと、顔の中心に向かって筋肉を寄せるなどの運動があります。
筋肉をよく伸縮させることで鍛えられ、顔の疲れを取ることもできます。

顔の疲れというと、あまり実感していない方も多いと思いますが、実は営業などでよく行われている作り笑いなどは、筋肉を不自然な形で使用するので、顔の神経にとても負担がかかり、顔面神経麻痺などに発展する方も多いです。
表情筋トレーニングは、顔の筋肉を自然な形で鍛えて顔の血行を良くするので、顔面神経麻痺や眼精疲労、顎関節症の予防・解消などにも効果的です。

毎日続けられる表情筋トレーニング

スマイルトレーニング

大きく正確に口を開けることを意識しながら「ア・イ・ウ・エ・オ」とゆっくり発音します。最初は鏡を見ながら練習するといいでしょう。朝晩3~5回行行ってください。

頬のたるみに効く表情筋トレーニング

1.右側の頬と口角を引き上げ5秒間そのままにします。
2.左側の頬と口角を引き上げ5秒間そのままにします。
3.右→左→右・・・と交互に繰り返していき、左右10回ずつ計20回行います。

慣れるとテレビを見ながらできますよ。

楽しく笑ってたるみを解消

笑顔って実はたるみ解消に有効なんです。もちろん、怒ったり泣いたりも表情筋を使っていますが、眉間にしわをよせたり、口をへの字に曲げたり、そんな筋肉ばかり発達してもいやですよね?

笑顔には怒る顔の何倍もの表情筋を使います。試しに笑顔を作ってみてください。頬も口元を上がりますよね?表情をあまり変えないポーかフェイスの人は、表情筋が衰えるのも早いんですよ。

疲れているときこそ思いっきり笑って、たるみやストレスを吹き飛ばしましょう!

無理のない表情筋トレーニングを続けよう!

日常生活でも表情筋を意識して大きく口を開けて話してみるといいですね。もちろん、特に話し相手がいなくてもOKです。鏡の前で大きく口を開けて話すフリをしてみてください。たくさん顔の筋肉を動かすことが大切ですよ。

女性カテゴリの最新記事