肝斑の原因とは?

肝斑の原因とは?

肝斑とは?

肝斑は、ほほ骨や口の周辺に左右対称に広がるようにできるの特徴で、主に30代から40歳代に発症年齢が集中していて、症状が見られるのは50歳代後半くらいまでです。肝斑の発症には女性ホルモンが何らかの形で影響していて、ストレスが発症の大きな要因になります。

肝斑の原因

肝斑ができる原因には、女性ホルモンが大きく関係していると言われています。そのため、妊娠によってできたり、ピルによって引き起こされることもあります。

高齢で発症することはなく、また、閉経頃に消えることも多いです。

紫外線の影響

女性ホルモンが原因と考えられている肝斑。しかし、一般的なシミと同じように紫外線にも注意が必要です。紫外線にあたりやすい部位によく症状が現れるので、UV対策は万全に行なわなければなりません。

できてしまった肝斑は根気良く治療を

ストレスによって発生しやすいため、生活リズムを整え、リラックスするように努めなければなりません。睡眠時間を十分に取り、ストレスをためないようにできれば理想ですね。

肝斑ケアにはトラネキサム酸の内服薬が使われることが多いですが、ビタミンCやハイドロキノンなどの美白アイテムが併用されることもあります。

1日2回 肝斑に効くトラネキサム酸配合 >>> トランシーノII/240錠【第1類医薬品】

女性カテゴリの最新記事