保湿力抜群のセラミド!その役割と含まれる食品

保湿力抜群のセラミド!その役割と含まれる食品

セラミドの役割

細胞と細胞の間に存在し、たっぷりの水分を抱え持つことができるセラミド。セラミドが肌に充分存在していると、肌は自然に潤った状態が保たれます。

しかし、セラミドは、加齢などによって減少してしまいます。また、乾燥肌に悩んでいる人、アトピー性皮膚炎の人などは、皮膚内部のセラミドが極端に減少してしまっている可能性が高いと言われています。

どんなに保湿をしても効果が感じられない人は、「ヒト型セラミド」が入っている化粧品でスキンケアしましょう。


>>> 保湿クリームはセラミド入りを選ぼう!おすすめトライアルセット3選

セラミドが摂れる食べ物

セラミドが摂れる食べ物の代表といえば、生芋こんにゃくです。価格も安くスーパーで簡単に購入できますから、積極的に食べるといいですね。

板こんにゃくなら一日に1/2程度で充分にセラミドは摂取できます。色は黒でも白でも構いませんが、生芋タイプでないとセラミドの量は少なくなってしまうので注意しましょう。

このほか、お米や小麦や大豆、ほうれん草などに多く含まれています。どれも身近な食材ですから、毎日食べやすいのが嬉しいですね。

コスメカテゴリの最新記事